第9回 メジカラサロン拡大版inエコメッセちば 報告

PDF版はこちら

日時:2019年10月20日(日) 10時から16時

場所:幕張メッセ 国際会議棟 コンベンションホール ホワイエ 

   千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

–                 

■拡大版サロン出展の内容

①目の弱ってきた方、一般の方、親子で体験! スマホ、iPhoneでこんなに便利!

助け合うマッチングアプリ「Mayii」紹介 オープンサロン

②親子で体験!目の不自由な人の案内を体験しよう!

模擬コースを体験、ガイドブック配布、参加証の発行、アンケート実施。

③エコステージでの発表。14時50分~16時10分(後半10分はアプリ紹介)

■運営・協力参加者:17人 視覚障害者:3人+ガイドさん/親族2人、

サポーター:7人、講師1人、スタッフ4人

※前日準備:8人(サポーター/ボランティア4人、スタッフ4人) 

■一般参加者(目の不自由な人の案内の仕方 体験会):102人

      参加証発行、年代 地域、体験感想、意見

■天候:秋晴れ(前日は雨模様、会場は蒸し暑かった) 

運営協力参加者の集合状況:視覚障害者1人は海浜幕張駅から誘導

※ 視覚障害者の方は15時過ぎにお帰り頂くようにした。

■協力・協賛

大日本印刷株式会社、中越パルプ工業株式会社、金城護謨株式会社、株式会社KOSUGE、

–以下は記録のために記載しています。

■全体の構成

流れ;背面パネルポスター

①看板: A4 7枚

②メジカラロゴA4 1枚

③協賛企業様紹介

④メジカラネット紹介、活動案内・予定

⑤誘導の仕方抜粋A2 7枚 

⑥各コーナー見出し:受付/ミニゼミ、アンケート、参加証、募金、ITスマホ相談

ト紹介、活動案内・予定

■一般参加者の体験プログラムの概要

※この項目は運営の記録も兼ねています。

1 オリエンテーション・アンケート(連番記入済み)兼参加登録:4名

(1)趣旨説明 メジカラネットの紹介、本日の体験会の趣旨と流れ説明

・氏名を記入してもらう(流れ:体験後にアンケート記入で、参加証、案内の仕方ガイドブック配布の説明)

(2)目の不自由な方の案内の仕方基礎編ポイント説明

–以下は基本説明とし、臨機応変に対応–

①声をかけること、何をしてほしいか聞く、どのようにするか聞く

※自分のいるところ、信号、階段の場所がわからなくなることも多いなど

②白い杖の3つの役割と使い方

※ 使い捨てマスク配布、真っ暗な人より白やグレーになる人も多いことの説明と体験

※ 点字ブロックの意味や「先読み」(カーナビのように少し手前で「人が来ます」「左に少し寄ります」など)を案内する。

③基本姿勢、立つ場所とその意味、狭いところは誘導者の後ろに入ってもらい左右の状況説明を加え、左右に障害をよける。

④段差と溝では、何センチくらいの昇る段差、何センチくらいの溝をまたぐ、何センチくらいの降りる段差、手前で止まること、確かめてもらうことなど。

⑤椅子とテーブルの説明を「手を失礼します」と声をかけて背もたれ、座面の正面、テーブルの向きなど、を触れて確かめてもらい体が入るように椅子の位置や荷物に手を貸す。

2 体験実技 上記を模擬コースで体験。2人1組で実施。

※ 一組ごとに指導係をつけて、コースをたどりながら具体的に動作、声掛けなど説明。

※ 説明を受けた後、順番待ちの人はやっている人の様子を見学してもらう。

※ ガイド役と、される役を入れ替えて体験してもらってから、席についてアンケート他へ。

3 終了処理。

ガイドブック、参加証(スタッフが氏名、年月日記入)、アンケート回収、サポーター希望者登録、ガイドブック増刷活用して災害時の誘導・案内の研修などに活用のため寄付をお願いした。

3 アプリ紹介 個別質問・相談

※ パンフ等配布(DNP様の参加してもらった担当者から「Mayii」紹介)

※ サロン講師から個別質問相談

※ 竹紙紹介パンフ、視覚障害者の参加者が作成提供してもらった使用済点字紙セ作ったキャンディー入れかご。

■相談事例

・弱視の方から、白杖を持つ抵抗があるが、体験したいとのことで、参加してもらった。

・一般の方から、アプリの活用は知らないが、音声でできると聞いたことがあり体験できるのか?との質問

※これ何メモなど紹介、健常者も使える!との感想だった。

・車いすの方から、やわらかい点字ブロックを知らないとのこと。

※椅子をどけてタイヤと動く法の足で触ってみてもらい、病院などで使われている旨を紹介した。

・白杖を持った人がトイレの前にいたので声を掛けたら白杖をおなかの前で横にもって振り回し叩かれたことがあり、トラウマになって怖くてとても声をかけられない。

※マスクをかけて杖をもって見てもらえるか、見学だけでもと薦めた。少しは和らいだ様子だった。

4.一般参加者のアンケート結果(全数:102 各項目の無回答数は異なる)

年代構成:各年代層に若い年代ほど多く体験してもらえた。

10代以下43%30代8%50代11%70代8%
20代2%40代18%60代8%80代以上2%

居住地域:千葉市半分その他周辺から広く参加いただいた。

千葉市55%船橋市5%茂原市2%佐倉市2%
市川市10%習志野市4%大網白里市2%東京都2%
八千代市6%東金市3%松戸市2%その他7%

来場動機:来場した人がたまたま通りかかって体験していただけた。

知人の紹介14%メジカラサロン4%
たまたま通りかかった55%その他2%
エコメッセのパンフレット・公式サイト25%

体験感想:積極的評価・理解につながった。

勉強になった62%誰かに教えてあげようとおもった4%
楽しかった19%大変だった14%

説明理解:手探りで提供したが、大半の人に理解していただけた。

わかりやすかった79%
まあわかりやすかった15%
ふつう4%
少しわかりづらかった1%
わかりづらかった1%

今後活用:大半の人が、今後の活用につなげたいと思っていただけた。

非常にそう思う70%
まあそう思う26%
どちらとも言えない3%
まったくそう思わない1%

5 運営・協力参加者の感想と今後の希望

・街中ボランティア、寿大学で体験したが、今日は沢山のスタッフに教えて頂きながら約4時間参加させてもらいました。予想よりはるかに多い体験参加者にビックリ�若者や小学生も積極的に体験し、喜んで帰って行かれ私も嬉しい気持ちになりました。手作り小物入れや参加証をプレゼントした事も喜ばれた理由かと!準備が大変だった事と思います。お疲れ様でした。また連絡頂ければ都合のつく限り参加したいです。           ありがとうございました。

・今日は千葉市のボランティア登録してあるため、シテイポイントがあると聞いて参加した。自分も障害があるが、目の変わりは少し手伝えるかと思ったが、あまり役には立っていなかったかもしれない。自分も誘導の仕方を体験できてとてもよかった。これから、スマホなどの操作体験など参加したい。

・ガイドヘルパーをしているが、今日は3回目の参加で、ボランティアとしてさんかしたが、一般の人の体験希望者が次々と体験して、小学生が、楽しかった!ママも怖かったけどいい経験になりました。有難う、と言ってくれ、よかったと思います。途中で帰りますが、このような体験できてよかった。是非また来たい。

・ガイドさんと一緒にいてにぎやかにリレー式に役割をバトンタッチしながら、体験コーナーが進められている様子がとてもいいと感じた。

・案内され役をできてよかった!こういう一般の方との体験交流の機会はとても楽しい!

・親子連れや、若い高校生、大人の相応の年齢の方など主催者スタッフが声をかけると途切れなく皆受付のところに来て席についてしまう!やはり思いが伝わるのかと感心している。サロンにも他の体験会なども参加してみたい。

・ガイドヘルパーをしているが今日はボランティアとして、基本を初体験する方や子供たちの体験に付き添い声をかけて指導する役をさせてもらった。危険を回避し、恐怖心を和らげて案内する基本をしっかりと伝えるのはたいへんむずかしいが。精一杯やってよかった!自分でも依頼者任せのところなど気づきの点も多かった。これからもできる限り参加したい。

・ステージの説明もよかったが、椅子席がガラガラで寂しかった。その後の「着ぐるみと撮影会」の着ぐるみに前にいてもらったらよかったかもしれない。

※DNP様のスライドに世界140か国の街中での助け合いでの声掛けランキングのデータが紹介された。日本は、昨年は138番目で下から3番目、今年はついに140番目とビリになった。控えめというか、プラスよりマイナスを考えて行動しない様子が伺えます。

・今日はメッセの中も少し回れたのでめったに触れない機会が持てて、また、一般の人に案内してもらう役をしながら、残った視野をマスクしてこれからこうなるのかという体験をすると怖かった。もっと大変になると、街中で助けてくれると有難いと思う。iPhoneの活用勉強も参加したい。

・耳が遠いが体験はよかった。

・歩行訓練を受けて自立して移動したいと動き出したところで、街中での声をかけてくれる人を増やすことはとてもうれしい。iPhoneの勉強にも参加したい。

・皆さんとても熱心でよくやっていました。

・手順ややり方もやってみての手探りでしたが、やってみてとてもよかった。見えてきたことも多く、これからの参考にしたい。

・今日は場所をお借りし準備などもやっていただき、アプリとしての紹介もできたこと感謝します。これからも協力していきたい。

ステージでの紹介もでき今後千葉でもエリア設定の際にはぜひ協力をお願いしたい。

・多くの体験者があり驚きながら対応に追われたがとてもよかった。

・全体の流れ、スタッフの役割のマニュアルを作るなどこれからの課題が見つけられた。

・当初お金もなく、何もない中で、ガイドブックを編集し、手作りで失敗もあったがここまでできたことは皆様のお陰です。今日は別イベントで忙しい方も、ガイドブック編集制作、参加証のコピーライト・デザイン素案、展示ブースの図面と流れの作成・各コーナーの意味や役割など具体的に教授いただきました。

・120部のマニュアルと参加証を用意して体験者60人を最低目標にしたが、昼過ぎには達成してしまい午後は人が減るとみていたものの後で行くという方が本当に午後も切れ目なく100人を超す方に体験してもらえたことは、とても大きな、期待以上の成果です。

・改めて、今日までのご協力と今日の活動有難うございました。お疲れ様でした。

※ 今後のご案内

第10回 メジカラサロンin千葉市民活動フェスタ

日時:2019年11月16(土)、17日(日)

   10時~16時

場所 きぼーる1階 アトリウム メジカラネットブースにて

   千葉県千葉市中央区中央4-5-1 

第11回 メジカラサロン

日時:2019年12月21(土)13時~16時

場所 千葉市民活動支援センター 談話室

   千葉県千葉市中央区中央2-5-1 ツインビル2号館9階 

支援いただいた方々に感謝申し上げます。以上

One Reply to “第9回 メジカラサロン拡大版inエコメッセちば 報告”

  1. 各地域から年代の違う大勢の方の参加があり、盛況ぶりが伺えました。準備も相当大変だったことでしょう。
    多くの参加者が充実した体験を共有され、更に今後に生かして行こうとする前向きなご意見もあり、スタッフの皆さまのご苦労が報われた気持ちがいたします。

    奥山様。11月16日17日のメジカラサロンのご案内をYさんにもお知らせしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です