第30回メジカラサロン報告

–メジカラネット3周年記念 特別サロンとして開催—

◆テーマ:バリアフリーに災害を考える

◆主催:花見川区バリアフリーに災害を考える会

    ※メジカラネットと(株)京葉美装のコラボ推進組織

◆エコメッセちば2021にオンライン出典、実行委員会の双方向企画に参加

 イオン株式会社の協賛としてSDGS取り組み紹介

◆開催場所:千葉市花見川区幕張町3-7730-4 

      幕張コミュニティセンター集会室

◆特別協賛:流山子育てプロジェクト(NKP)様のご協賛によるコラボ企画として開催:防災コーディネーター 青木八重子様

◆補助金等:千葉市花見川区 地域づくり補助金を受けて開催

◆開催方法:Zoomによるオンライン主体、会場は定員1/2

◆天候:午前中強い雨のち小雨

◆参加者:38名(会場23名)うち視覚障がい者6名、会場3名)

    参考:2日間の合計64名(会場35名)うち視覚障がい者9名(会場6名)

◆サロン内容

12:35 中継切り替え確認後、招待者の承認

    佐藤:オンライン

13:00 開会、オリエンテーション:山本 

    本日のメニューと進め方、お願いごと

    ※参加者紹介 スタッフ、関係者紹介、

開催趣旨とメジカラネット紹介:動画上映:中止

第1部 特別公演:青木様

   ※青木先生から体験理解に基づくとても分かり易い説明を頂いた。

   ※キーワード:いざとなった時、実際にやってみたことしかできない

第2部① 参加者に防災情報源をスマホに導入設定体験:田村様

13:30 体験メニュー1 防災情報を知るには?

情報源、アプリ、防災ポータルサイトとハザードマップを見る

※会場参加者が自分のスマホに実際にダウンロードして設定できた。

※千葉市の災害ポータルサイトのハザードマップが難しいとの感想でした。

   ②便利なグッズ:青木様から持ち物紹介、会場展示物の紹介、休憩を兼ねて

  イオン様ローリングストック紹介ビデオ

14:00 休憩を兼ねて会場の グッズの紹介 体験者のレポート

    避難所の工夫 会場の備品:火を使わない湯沸かし、試食品、

家族用テント、ダンボールベット 

◆試食コーナーも体験

   ※※意外とおいしい、離乳食というには味が濃すぎるが高齢者などにはいい

    ※ ゲームは今回は中止 

14:20 障碍者の立場に立って 目隠し誘導体験

◆手助けけをしてみる(会場に段差を作ってまたいで誘導する体験)

①不織布マスクを目にもしてみて

②白杖の使い方 

㈢誘導してみる 参加した視覚障碍者が誘導され役

※体験参加者は障害物を災害時の避難に見立てて案内

  ※感覚の違い、怖さ、何が困るか、危ないか理解できた

   周りの人にも広めたい

15:00 意見交換、アンケート

    ※会場の音声が届いていなかった

    ※防災についての体験に基づくお話は大変わかりやすかった。

※この地区の小中学校区の家庭の人にも紹介したい。    

    ※目隠しをしてみて音や声をかけることの大切さが理解できた。

    ※実際に倒木を想定した誘導体験はとてもよかった。

     体験者を増やしたい。マニュアルが欲しい。

15:20 イオン様SDGS取り組み紹介ビデオ上映

    今後の予定(来年1月以降に畑コミュニティセンター及び中央区で予定)

    活動推進への協力依頼など

15:33 終了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です