第4回メジカラサロン報告

第4回 メジカラサロン 報告
日時:2019年5月25日 13時30分から15時30分(終了16時00分   
場所:千葉市社会福祉協議会 中央区事務所・中央区ボランティアセンター 活動室1
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目5?1
  Qiball きぼーる15階   アクセス:http://www.chiba-shakyo.jp/chuo/access/                     

参加者:9人 視覚障害者:2人+ガイド1人、サポーター:5人(講師2名)
天候:快晴、30度近い暑さ 
集合状況:3組 千葉駅・⑦番バス停から中央三丁目下車(千葉駅から誘導1人)

プログラムの概要報告                                                   
1. 挨拶・オリエンテーション・自己紹介:全体進行:奥山(iPad保有)
※冒頭に行った。
・趣旨説明 メジカラサロンの開催趣旨と連続定期開催オリエンテーション 奥山5分
・自己紹介 今回は1回目参加の二人、講師サポータのパソコンや携帯、スマホの利用状況を含んだ自己紹介を行った。ガラ携4、iphone3、スマホ3で両方持つ人もいる。20分
2. 米井講師による説明と体験
(1) 音声だけで電話をかける・取る・ショートメッセージを送る
(2) 便利なアプリ紹介
・OCR:チラシを試してみる  衣服の色調べ
・ジェスチャ練習:今回は体験希望者が別のテーブルに分かれソフトバンク提供の練習口座をダウンロードして利用。

3.休憩とお茶・・・15時に中締め
 森尻からお茶の紹介:日本茶新茶(三重県多気郡大台町 山門(やまかど)煎茶) 
 ※ 今回は、新茶の持つ、若草の香りとほのかな甘さも感じるものでした。

4.個別相談 
・今回は大半が個別指導に充てた。

6.関連イベントなどご案内
・メジカラサロン次回は、6月22日(土)。7、8月も第4土曜開催
 ・JRPSちば定期総会と医療講演会 日時 6月16日(日) 
13時10分~13時20分 受付
    13時30分~14時    第22回JRPSちば定期総会
    14時30分~16時    医療講演会
    ・演題 「網膜色素変性症とロービジョンケアについて」
    ・講師 真清クリニック院長 日比野 久美子 先生
場所 千葉市文化センター9階 会議室2~4
      千葉市中央区中央2丁目5-1 千葉中央ツインビル2
アクセス ①JR千葉駅8・9番バス停より、御成台車庫行、または千城台行に乗車、
      1つ目の千葉銀行中央支店前で下車徒歩1分
      (運賃は障害者手帳提示で50円です。現金をご用意ください)
     ②JR千葉駅、京成千葉中央駅から徒歩10分
※午後12時半から14時の間、JR千葉駅中央改札口、千葉銀行中央支店前(バス停)
、千葉市文化センター入り口でガイドボランティアがお待ちしています。
参加費 JRPS会員 無料
    JRPS会員以外の方  協力金として 500円
    付き添いの方は無料・次回5月25日(土)同時刻、同じ場所にで開催。

□感想と今後の希望
・アローズの機能を比べながら、iphoneのジェスチャー練習ができてよかった。
自分の臆病になっているのが少し解消できてうれしい。
・これまで毎回参加して、基本のゼスチャーがうまくできなかったが、今日はかなり確実にできるようになった。引き続き参加したい。
・援護している立場としても知っておくと、アドバイスできたり、理解が進むと思う。
・自分がサポートするとき参考にしたい。
・サポートする人される人が、互いに教えたり教わったりする場としみんなで広げていきたい、
・今後皆さんからもサロンの輪を広げていただきたい。

※今回参加できなかったサポーターの方からもポットをお菓子頂いたり、視覚障碍者の誘導の仕方口座の際のマニュアル作成、テキスト、ビデオ、実演などメジカラネットが協力していくこととなりました。参加者、登録者の方のご協力をお願いします。

※交流会第2部開催として、終了後、場所を移して、簡単な食事をしながらの交流会第2部を参加者のご希望に良り急遽開催しました。別途2人の方が飛び入りで参加していただき、10人のにぎやかで和やかな階となりました、

支援いただいた方々に感謝申し上げます。以上

第4回メジカラサロン案内

日時:2019年5月25日(土) 13時30分~15時30分
場所:千葉市中央区事務所・中央区ボランティアセンター 活動室1
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目5?1
  Qiball きぼーる15階
  アクセス:http://www.chiba-shakyo.jp/chuo/access/
TEL 043-221-2177/FAX 043-221-6077
Eメール chuou@chiba-shakyo.jp
 最寄り駅の案内:モノレール 県庁行 葭川公園 下車
バス乗り場から大学病院行 中央3丁目 下車
最寄り駅・バス停からの案内が必要な方は下記に連絡下さい。

メジカラサロンは、眼の弱ってきた方・サポーターの交流会です。
交流会の概要は、
PCやスマホ・タブレットをロービジョン用で体験する
ストレッチで心身ともにリフレッシュ
紅茶の香りを楽しみながら茶話会
困っていること、相談しにくいことも個別相談
サポートしていただける方も一緒に体験!を歓迎します。

参加登録をお願いします。通信欄に、サロン参加希望とご記入ください。
通信欄に、目のこと、関心事項を、サポーターご希望の方は、サポートの関心事項、専門性(同行援護など)を記入してください。
登録は、メジカラネットホームページの「お問合せ」からお願いします。
      https://f.2-d.jp/mejikara/
参加費:茶菓代他
として500円
定員:20人

主催:メジカラネット
連絡先  043-307-3730
代表:奥山 淳梓
 携帯電話:090-7732-8948
 メールアドレス:mejiq@mejikara.net

第3回メジカラサロン報告

日時:2019年4月27日 13時30分~15時30分(終了16時30分   
場所:千葉市社会福祉協議会 中央区事務所・中央区ボランティアセンター 活動室1
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目5?1
  Qiball きぼーる15階   アクセス:http://www.chiba-shakyo.jp/chuo/access/                     

参加者:16人 視覚障害者:2人+ガイド2人、サポーター:9人(講師2名)、子供見学者;3人
天候:雨のち曇り、移動時には曇り 
集合状況:3組 千葉駅・⑦番バス停から中央三丁目下車(バス停からの移動対応)

プログラムの概要報告                                                   
1. 挨拶・オリエンテーション・自己紹介:全体進行:山本(iPhone保有)
※今回から山本さんが体験利用サポート及び広報支援いただくことになりました。
・趣旨説明 メジカラサロンの開催趣旨と進め方オリエンテーション 奥山5分
・自己紹介 今回は視覚障害者2に加え、サポーターの体験希望者3、それぞれ情報機器の利用の仕方が違う。ガラ携2、iPhone2、スマホ2で両方持つ人もいる。10分
2.iPhone体験
(1)電話をかける・取る・電話帳:米井講師 40分                                              
①設定の概要
②実演・ジェスチャー練習(今回は体験希望者が2人iPhone保有していたので設定をしつつ体験可能となった。)
※ ジャスチャー練習画面を出して体験。
電話帳を呼び出してかける 音声でかける フェイスタイムの利用
(2)メールを作成送る
入力のいろいろ・・・謙譲な方にも「画面を触ったところを読み上げ」「実行」と二段階の操作を体験開設。

3. 体操・ストレッチ:奥山 10分
・スマホやパソコン作業は共通して腰、肩、首を痛めやすい。プロの鍼灸師でもある米井さんもみんなで体操をした。深呼吸、ストレッチを行った。参加者にもわかるように言葉で要点を説明、サポーターが動作を援助。

4.休憩とお茶:森尻・・・15時に中締め
 お茶の紹介:フレーバーティ紹介
 ※ 今回は、シャンパン風の香りにイチゴの香り合わせた紅茶を用意。
5.個別相談(米井、岡根講師) 
・iPhone7に中古機器で買い換えた参加者は、さまざまな疑問を解決できたようです。
・他の参加者は、操作経験などを踏まえた個別メニューとして、音声入力内容の確認方法、外付けキーボードやREV02など入力支援を検討する必要があります。
※ 文字入力には音声も使える点を中心に実演、外付けキーボード紹介。

6.関連イベントなどご案内
・アイフェスタ2019
 ・5月5日中央公園「食楽市場での障碍者案内訓練」
・次回メジカラサロンは、5月25日(土)同時刻、同じ場所にて開催。

□感想と今後の希望
・買い換えてやってみたいことが解決して嬉しい。
・自分の経験にあった入力相談したい。
・アクセシビリティの機能を設定していきたい。
・MAC系はあまり好きではないが、なぜ視覚障碍者にいいのかを知りたい。
・子供用に、購入をかんがえたい
 ※購入、設定支援を案内、※千視協IT講座紹介
・ガラ携操作で扱うREVO2が良いiPhoneが良いが、値段が高い。本体の知識も必要。
・講師もガラ携併用、iPhoneのみにしたとわかれる。
・講師にてWi-Fi、外付けキーボード環境を提供できたので次回から活用されたい。
・教える側もどのように説明、体験してもらえばいいか考えたい。
・小6参加者が「福祉」をレポートする宿題があり、取材を受けていただきありがたい。
・子供にわかるように説明することが一般の大人にも分かり易い表現と気づいた。
・自分が何らかのサポートができたら光栄。
・ジェスチャートレーニングのアプリがあり。活用されたし。
・必要とする人、サポートする人が互いに教えたり教わったりする、交流の場としてみんなで広げていただければ幸い、
・社会福祉協議会に認定していただき開催でき準備不足もあったが、今後皆さんと輪を広げていきたい。

以上、支援いただいた方々に感謝申し上げます。

【雑談】サポーターのために参考になる本のご紹介

先日、とあるマンガを見て

かなり勉強になったと思いご紹介致します

タイトルは「ヤンキー君と白杖ガール」

作者はうおやまさん twitter @uoyamangamanga

町一番の不良が弱視の女子高生に恋をするのですが

簡単にはいきません

本には弱視へのフォローの仕方や

バリアフリーのあれこれ等紹介されています

こうすれば良いというエピソードを入っていて

とても勉強になります

よかったら見て頂けると理解が深まります

第1回メジカラサロン報告

日時:2019年2月23日 13時30分~15時30分(終了16時30分)   

場所:千葉市民活動支援センター 会議室                     

参加者:11人 体験希望者:4人+ガイド1人、サポーター:6人(講師2名)

天候:明け方まで雨、開催時は晴れ 

集合状況:3組 千葉駅経由(移動時の同行希望対応)

プログラムの概要報告                                                   

1.挨拶・オリエンテーション・自己紹介

・趣旨説明 メジカラサロンの開催趣旨と進め方オリエンテーション 20分

・自己紹介 それぞれ見えにくさ、情報機器の利用の仕方が違うが、4人共通してガラ携

iphone保有者1人はあまり利用していない。10分

2.iPhone体験 電話/する・取る・電話帳:米井講師 40分                                              

・実際に使っている機会を触ってみる 実演で電話をかける、とる。タップの練習

 ※ 初めての人にはジャスチャー練習時間が不足。

電話帳を呼び出してかける 音声でかける フェイスタイムの設定利用

まとめ:なぜガラ携を手放し、iPhoneにしたのかという体験談

3.休憩とお茶 森尻の自己紹介とお茶の紹介:セイロン茶の高級茶ウバ茶を紹介

 ※ 参加した皆さんは勉強熱心で米井さんを中心にiPhoenの操作及び扱い方に熱中していたため、乾いた喉に花のように香る熱い紅茶を含んで一息ついた。

   甘いお菓子も頂き、さっぱりしている紅茶とよく合っていた。

4.体操・ストレッチ:奥山 10分

・スマホに熱中するあまり腰、肩、首を痛めた経験から体操をした。

体操:椅子に座って正しい姿勢とり深呼吸をしながらストレッチを行い肩と目の疲れをほぐした。参加者にもわかるように言葉で要点を説明、てサポーターが動作を援助。

5.電話帳(連絡先)岡根講師 

・参加者それぞれの経験などの違いからキーボードかガラケイかのため、入力操作に慣れること櫃よ。

※ 文字入力には音声も使える点を中心に実演、照会。外付けキーボード紹介

※インターネット検索 便利な道具 個別に相談有

6.音楽会案内

 ・岡根さんの音楽方面の活動紹介、

・森尻さんからダブルレインボー音楽会参加予定の紹介

7.中締のあと、個別相談に移行:全員参加で最後ま。

・フェイスタイム利用可能になる。

・YOUTUBE ガレージバンド

・OCR

・買い替え 基本の勉強

□感想と今後の希望

・一から操作できるようにしたいので、次も参加したい。

 ※購入、設定支援を案内

・系統的に勉強したい。

 ※千視協IT講座紹介

・ガラ携操作で扱うREVO2が良いiPhoneの良さはいかせるが、値段が高い

・固定PCとガラ携、iPhoneで音声扱いに移行したが、併せてスマホ+キーボード使用可能な環境づくりが必要と気づいた。を専門的に深めた。

・教える側も気づきが多く勉強になった。役に立て頂けると嬉しい。

・一緒に勉強して役に立てたら幸い

・自分が何らかのサポートができたら光栄。

・アップル銀座に同行し、知らなかった機能やいろいろな事を知り勉強になっている。

・準備不足もあったが今後皆さんと輪を広げていきたい。

□定時の予定終了

ご支援いただいた方々に感謝申し上げます。以上